”SingTuyo”「KISS is my life.」4月30日(月)デジタル配信リリース決定!

とても心に響いた素敵なブログ

素敵なブログ

こちらは旧ブログSaranに2017.1.29投稿した記事です

当時とても感動しながら読んだのを思い出しました。

『SMAP×SMAP』最終回について、今改めて…

昨日、今日と連日の好天続きで先般から降り続いた雪もかなり融けました。
真っ青な空に、立山連邦が鮮やかで、何とも清々しい。
愛犬を伴い散歩を終え、ほっと一息。

PCの電源をONにし、Twitterを開く…これがすっかり日課に。

そのtwitterで昨日目にした下記ブログ

『SMAP×SMAP』 最終回 – moonshine


昨年書かれていたブログのようでしたが、
読み終えて、何とも言えない思いが込み上げて来て、
それは決してネガティブの感情ではなく、逆に….

ポジティブになれた。とでも言うか….

先ずは私があれこれ話すより、一度読んでみてください。
とても心に響いた素敵なブログです。

特に印象的だったのは最後に書かれていた追記部分のところと、その上部の部分。

(引用転載に当たっては、許可をいただいております。)

◆追記

やっぱり、「いったん下りた幕が開いた」のが、核心なんだと思う。
スタッフたちとの記念撮影と歌唱とは、逆の順番でも良かったのだ。
記念撮影をして、クレジットを流して、そこまでが番組のための時間で、最後に、番組を超えたファンの人たちのために歌って、幕が下りて終わる・・・っていう順番。

でも、そうしなかった。彼らはまた、幕を上げて、中居の涙を隠さずに見せ、それでもなお、いつものように、それぞれが独立して立っていたのだ。
最後だからとメンバー同士、中居に寄り添って支えたり握手を交わしたりすることはない。
バラバラに、さらっと撮影スタジオを後にする。それがきっと、どんなときも繰り返されてきた彼らのスタイル。
これも乗り越える、って意味で幕は上がったんだと思う。
最後の最後に流れた、森くんも加えた若い6人のアイキャッチもそういうこと。

   ~ 中 略 ~

番組の最後まで、一言も「解散」って言葉は言わなかったんだよね。
つらい思いさせてごめんね、でも信じてね、って中居くんが泣いて笑ってるようだった。

上記引用元
『SMAP×SMAP』 最終回

今、改めて読み返してもぐっと込み上げて来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です