忖度しないテレビ局になれるのか?

flower

今朝読ませていただいたブログを見て感じた事

アメブロ「新しい地図ジャンル」で常に1位の「なぎたんのブログ」の投稿を読ませていただいて、何とも言えない気持ちが込み上げて来ました。

参考

忖度しないテレビ局になれるのか?なぎたんのブログ

本当にあってはいけない事が起こってしまった。
しかも2月に起こった事件であったにも関わらず、その間、会社事務所も、また本人も何事も無かったかのように仕事をして来た。

これって、許されない事ですよね。
これもまた、本当にあってはいけない事だったと思います。

 

昨日、この一報が速報でスマホに届いた時は目を疑いました。

え?あの山口君が….と。

しかしその後、事務所から関係各位に送信されてFAXの文面などを見ている内に、もうため息しか出なくて、余りにもお粗末でしたよね。

あれ程大手の事務所であれば、専任の顧問弁護士だっているはず、もっとしかるべき配慮があっても、と思わざるを得ませんでした。

今朝、出社時、車の中で国分さんが涙をこらえながら必死に謝罪されるシーンを見て、

え?本当に今回の事知らなかったの?と、驚きでした。
まさか知っていたら、あんなコメントは言われないよね?と勝手にそう思ったのですが….

そうだとしたら、これまた一体、、、と、思ってしまう。

何処から何処までが真実かどうかは本人にしかわかりませんが、

本当に悲しい事が起こってしまいました。

TOKIOのファンの方、そして山口君のファンの方々は、心痛め、きっと昨夜は眠れなかったのではないでしょうか。

メンバーを思い、心痛める….これについては、変な言い方ですが、嫌と言うほど体験させられましたからね。

今日山口君の会見が予定されているようですが、本人の口から何が語られるのか、その時を待ちたいと思いますが、どうか嘘偽りない真実を話して欲しいと願っています。

最後に、アメブロにも書いたのですが、今回の件に、吾郎さんや剛君の事を引き合いに出すのだけは止めて欲しいと思います。

SMAP解散報道以降、事務所に対する思いは正直とても複雑でした。
いや、複雑なんてまだ良い方、憎悪に似た感情を抱いた瞬間も何度となくありましたから。

しかし今もあの事務所には、中居くん、そして木村くんも居る。

その事もあり、自分の中で色々懸命に消化し、その思いを封印してきたつもりでしたが、もう無理かもしれません。

今回の事務所側の対応を見せられ、もう無理だと。

エンターテインメント….本来なら夢を見させてくれる、そんな素敵な世界であるはずなのに、本当にこれ以上、ファンの皆さんを悲しませるようなことが二度と起こらないようにと、切に願うばかりです。

素敵なタレントさん、そして彼らを懸命に応援する素敵なファンが居る事を、今一度事務所サイドには考えていただきたいです。

これ以上、ファンに辛い思いはさせないでください。

みんなが笑顔になれますように...