大切なのは、最後まで面倒見ること。

柴犬の飼い方

我が家のだいすけは、外飼いから数年後、室内で飼うことに…

昨夜のShinTsuyo POWERSPLASHでも、わんちゃんの外飼いと室内飼いの事で話をしていましたが、我が家のだいすけは保護当時、車庫の中にゲージを置いて飼っていました。
ホンネを言うと、最初から室内に入れてあげたかったのですが、義母の許しが出ず泣く泣く外で飼うことに。

先代のジロー(シーズー)との違いに戸惑いを感じていたからかもしれませんが…

ジローちゃん
(先代の愛犬ジロー この時既に高齢 美容院へ行ってお疲れモードだったかも。)

そして、これがまた偶然とでもいうか、昨夜のラジオと同様、だいすけは柴犬で外で飼っても問題ないってイメージが確かにありました。

実際柴犬を外で飼われている光景は何度も見かけたことがありましたし、更に、日本犬と言うと、日本の気候に対処出来るから大丈夫だ!みたいな考えも確かにありましたから。

だいすけの防寒対策は、ケージを緩衝材のプチプチで囲み、更に段ボールで囲って、その上に更に毛布…

ちょっと過保護かな?とも思いましたが、飲み水がカチコチに凍っているのを見たりすると、喉が乾いても、お水も飲めなかったのね、と、心が痛みました。
最低気温が氷点下になることも、しばしばでしたから。

時折2階からだいすけの方を見つめると、同じくだいすけも私の方を見上げて…
お家に入れてあげれなくてごめんね….と、あの時、何度呟いたことか….

だいすけ
【保護当時は、何とも言えない、こんな寂しい表情をしていた、だいすけ】

それから数年が経過して、ある日の脱走事件?がきっかけとなり、それから室内で飼うことに。

だいすけが 「室内犬」になった理由…それは

すると、日に日に表情が変わって、散歩していても、ご近所さんからも、

だいちゃん、優しい顔になったねぇ~って。

だいすけ
【本当に表情豊かになりました。】

と、そう言われるようになったのです。

外飼いから内飼いにするに当たって一番苦労したのは、トイレの躾でした。

保護当時既に成犬だったこともあり、当初は本当に大変でした。
それでも根気強く教えたら、散歩以外で室内で用を足すことがほとんどなくなりました。

それでも、未だに年に数回は粗相をしますが、本当に良く覚えてくれたと思います。

犬にとって、外に居るのが幸せなのか、家の中に居るのが幸せなのか。
それはワンちゃんに聞かないとわからないかもしれませんが、

下記などを参考にされても良いと思います。

参考

柴犬は室内飼いと外飼いどっちがいいの?わんちゃんホンポ

でも何より大切な事、それは『終生飼育…』

飼い主の身勝手さで、飼育放棄する事は絶対にあってはなりません。
その自信がないなら最初から迎いれる事は考えていただきたいなと思います。

ペットは大切な家族なのですから…
大切な家族

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です