アートギャラリー「NAKAMA de ART」5月24日(木)より期間限定オープン!

愛犬が突然歩けなくなった…

だいすけ

だいちゃん、一体どうしちゃったの…

昨日、朝の散歩中、愛犬が突然座り込み、その後全く歩こうとしないのです。
最初は訳が分からず、

早く行くよ、と、リードを強く引っ張ったのですが、ガンとして動かない。
そしてその間、ずっと私の顔を見つめるだいすけ。

だいちゃん、どうした?
足痛いの?

勿論、はい、痛いです。という訳もなく、
ずっと私の顔を見続けるばかり。

何だかちょっと嫌な予感…

以前、だいすけが突然散歩に行こうと、リードを着けようとした時、断末魔のような声を上げ、泣き叫んだ事があったのです。

急いで獣医に診て貰ったところ、首の後ろの脊髄だったか、それが一部湾曲して神経に触っていたのだろうと、
それでまたその影響で、今度は腰から下に痛みが来たのだろうかと思ったのです。

しかし昨日は日曜日で病院はお休み
お昼まで様子を見ようと寝かせる事に、

昼過ぎた頃、そっと抱えて外に出すと、
スタスタと歩き始めたのです。

あ~良かった。

と、胸を投げ下ろした次の瞬間
またピタリと静止し、その場でお座り。

その後は石のわんこかのように、全く動きませんでした。

これは無理に歩かせるのを止めようと、抱きかかえ布団に寝かせようとしたのですが、
ふとんの上でお座り状態から、全く動かず、横になろうともしないのです。

その間も不安げに私の顔をじ~っと見るばかりで、これはもう明日朝イチに獣医へ連れて行こうと決心。
上司に連絡し、午前お休みをいただき、連れて行きました。

だいすけが受診した動物病院
かんだアニマルホスピタル
かんだアニマルホスピタル

病院へ着くと、気配を感じたのか、ブルブル震えだすだいすけ。

あまり良い印象は確かにないかと。

ところが、昨日お昼からまったく「おしっこ」していなかったのに、
病院の駐車場に降りた瞬間、歩けなかっただいすけが猛ダッシュで走り出し、

おしっこオンパレード

出るわ、出るわ。
それも、除雪された雪にするもので、その鮮やかな黄色が延々と続いて、

そこへ看護師さんが来られて事情説明。

すみません。
こんなにおしっこしてしまって。

とお詫びすると、
良いですよと、

これで少しは楽になったかなと、頭を撫でてくださいました。

その後、暫くして診察。
すると、やはり脊髄の歪みから来る痛みが今回腰から下に来たのかもしれないと。

取り敢えず痛み止めの注射をし、明日から1日置きに薬を服用するようにと。
その薬を飲み終える事、どのような様子か電話で知らせて欲しいと言われました。

症状が変わらないようであれば、また別の検査をしますと。

病院から戻ると、何と車から降ろしてあげなくても自分で降りて来たんです。
これにはびっくり。

そして部屋に入ると、以前のように普通に歩いてて、
その姿見て、泣きそうになりました。

昨日のお昼から全く動けず、おしっこも1回もせず、また水も自分で飲めないので、シリンダーで飲ませていたのですが、
その水もちゃんと以前のように自ら飲んで、

でも、今日明日は安静にするようにと言われたので、歩くからと、通常の散歩に出かけるのは止めにしようと思います。

本当に辛くても、痛い、苦しいと言えないですからね。
飼主の責任として、その辺りは十分注意して見てあげなくてはと、今回もつくづく思いました。

午後から出勤する前に、再度おしっこさせようと外に出したら、いつも通り軽やかな足取りで歩いてました。
が、また突然静止。

無理は禁物と言ったばかりなのに、ダメですね。
超反省です。

しかし、早く連れて行ってあげて良かった。

相当痛く、しかも「おしっこ」出したかったと思います。

お仕事行って来るね、と声をかけた時のだいすけの顔
何だか今日はとても切なそうに見えました。

気のせいかな。。。