愛犬だいすけ

愛犬だいすけ

2007年8月30日生まれ

今年の8月で12歳になる。
4歳足らずで我が家で保護し、今思えば良くぞこれまで育ってくれたものだと思う。
ブリーダーの放棄犬だっただいすけ。

保護当時はガリガリ痩せ痩せで、体毛も薄かった。
それが今では。(笑)

そのだいすけと長きに渡り会えなくなる事になった。
自分でもこんなに時間が掛かるとは思っていなかったので、とても辛かった。

その愛しき愛犬と4ヵ月ぶりの再会
流行る気分を抑える事が出来なかった。



見慣れた風景、あーもうすぐ家だ。
だいすけが待っている。

思いっきり抱きしめようと思っていたが様子が違った。
家に着くなり愛犬の名を呼んだが返答が無い。


あれ?いないの?

一瞬そう思ったけど、義母が呼んでいるのが聞こえた。

だいすけの姿を見つけ傍に行こうとしたが逃げてしまう。
遠巻きに私を見てる。

どうしたの?
恥ずかしいの?


おぼつかない足取りで部屋に入ったが家の中は荒れ放題だった。
覚悟はしていたつもりだったけど、こんなに酷いとは。


着くなり大掃除から始めた。
同行してくれた兄には本当に申し訳なかったけど助かった。
思う様に動かない身体を懸命に動かし頑張った。

すると、あれだいちゃん。

階段下でこっちを見てる。
やっぱり気になるんだね。

もう少し待っててね。

何とか寝床も確保した。
掃除も大まかだったが出来た。

他にすること山程あったが、当日はそれ位にした。

だいすけの散歩
本当に久しぶりだった。

兄がリードを持ち、その後を歩いた。
気が付くと直ぐ間が空いてしまうけど、懸命に転ばないように歩いた。

明るい時間帯の散歩、だいすけも久しぶりだったのか足取りが軽やかに思えた。

明日は洗ってもらおうね。
聞けば毎月洗って貰って居なかったみたいで、ハーネスも汚れていたし、目やにや身体に引っ付き坊?も沢山着いたままで、良く我慢したなと思って。

お母さん帰って来たから任せておいて。
2度と辛い思いさせないからね。

でも臭い。
先ずは明日洗ってもらおう。(笑)