今日4月23日は「しじみの日」

「しじみの日」

今日23日が「しじみの日」とは知らず、今朝、しじみのお味噌汁を作りましたよ。

先日1回200円で詰め放題と言う企画が合って、私ガンバリって。

しじみ

しじみって昔から肝機能を改善すると言われて来てて、二日酔いには効く等と言われてますよね。

そう言えば主人も数年前から「しじみ習慣」と言うもの飲んでますし。(笑)

酒飲みにはピッタリなのかも。

 

 

しじみ習慣

 

実は今日は。。。

私の○○回目の誕生日なんですよ。

この年齢になると、ちょっと気恥ずかしい感じもして。(笑)で

でも幾つになっても本心は嬉しい物ですが。

義母は毎年祝い金をくれるし、友人はプレゼントを送ってくれる。
本当に有り難い事です。

主人は何かくれるのかな?

 

今夜楽しみに?待ちたいと思います。(笑)

 

Birthday

 

しじみって。。。

日本最古の和歌集「万葉集」にも「しじみ」は「四時美」として詠まれており、心に秘める恋心を謳ったようで、歴史の古い貝の「しじみ」。殻が小さく縮んでいるように見えるため「ちぢみ」が次第に「しじみ」という呼び方になったと言われています。
なみに、現代では「しじみ」を漢字で書くと、「蜆」となるんだそうですが、なぜ、虫偏なのか…と疑問に思う方もいるのでは?「虫」という字は、昔は「蟲」と書くのが正式でした。画数が多いために、新字体として、「虫」が採用されたわけですが、元々の「蟲」という漢字には、蛇(へび)や、蟹(かに)、蝦(えび)などの意味も含まれています。また、「ちいさなもの」を表す漢字でもあります。浅瀬に姿を現す小さな貝「しじみ」は、虫(小さなもの)+見(現れる)と書いて、「蜆」と名付けられたんだそうです。何となく「四時美」のほうが日本古来の美しさを感じられますが…

皆の一歩より

確かに「四時美」のほうが日本古来の風情を感じられますね。

我が家の冷凍室に鎮座していますよ。

 

しかし4月23日が「しじみの日」とは。