山口メンバーの謝罪会見を見て感じた事….

謝罪会見

自分の犯した罪の重大さを本当に分かっているの?と言いたくなった…

憔悴しきった表情で、涙を流し、マイクを持つ手は終始小刻みに震え、インタビューに答える山口メンバー(この言い方好きじゃないので、後記は山口君と書きます。)は、これまで私が知っていたTOKIOの山口君とは全く別人でした。

本当にどうしてこんな事が起こってしまったのか。
それも事件が起こったのが2月、その後3月に警察から事情徴収を受けたが、その時点でもまだ事務所には報告していなかった。
事務所も何も知らなかった。

本当にそうなのかな。。。スミマセン、今も疑ってます。

いわゆる警察沙汰ですよ、取り調べで呼び出された訳ですからね、その際事務所サイドにもきっと警察から連絡はあったと思うのですが..
ま、これはあくまでも私個人の思いですが…^^;;

いやいやそんな事より、昨日の謝罪会見を見ての印象を一言でいうなら、

「ガッカリした…」でした。

山口君、本当に自分の犯した罪の重大さを理解してる?

そう言いたくなったのです。

それを一番感じた場面が、今後の自分について、

彼らがもしまだ信じてくれているなら、もし待ってくれている場所が、私の席があるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたらなあっていう…

これを聞いた時、耳を疑いました。
まさに、唖然としたのです。

まとめ

  • え?今それを言う?
  • 今日は謝罪会見だよね?
  • 心から詫びてるんだよね?
  • 反省しているんだよね?

酷い言い方になるかもしれませんが、まるで自分の保身の為の会見とも受け取れてしまう発言だったように感じました。

あの発言は言って欲しく無かったです。

この謝罪会見を受けて、他の4人のメンバーがそれぞれ謝罪コメントを発表していましたが、メンバーの謝罪文の方が本当に心から詫びている、その辛い思いを発信していると、感じました。

特にリーダーのコメントには胸を打たれました。
改めて、城島君は立派なTOKIOのリーダーだと思いました。

本当にどんな思いでこのコメントを発信したか、その事を山口君には今一度しっかり噛みしめ、誠心誠意、自分の犯した罪を償って欲しいと思います。
自分の事より、相手の事….それを一番に考えてください。

メンバー謝罪コメント

TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎【全文掲載】

本日配信された東洋経済オンラインニュースの記事です。

山口達也とジャニーズ事務所の甘すぎる姿勢

最後に
今朝Twitterで発信されていたのですが、

twitterでは書ききれない想いを
ここに書きます

これを書くことによって
twitterをやめるかもしれない

リアルであってるフォロワーさんを
失くすかもしれない

それでも言いたい
今回のTOKIO山口の事件を
許さないで欲しい

と、決死な覚悟でアメブロブログに記事を投稿されています。

本当にこのような事が、、、と目を背けたくなりましたが、そのような過去があったからこその、この悲痛な思いなんだなって、
本当に勇気ある投稿です。

アメブロ:性犯罪を許さないで!